カテゴリ:対外関係( 7 )

職場にて

最近は何かとうつ病の話って多い。

職場でも、よく「うつ病なんかの心の病気ってすごく多いんだってね」といった類の発言がある。

そういう時、私はとっても自然に「そうらしいねー」と相槌をうつ。

それとも、「心ではなく、脳の病気なんだって」といったほうがいいかな?
[PR]
by hodohodoDA | 2007-09-21 09:08 | 対外関係

家族との関係

私がいいかなーと思う家族との関係は、「悪い、また落ちてきてるのであまり家事できないのでよろしく。」と言って布団へ...かな。しかし現実は、夫は超多忙な会社員、息子達が食べ盛りの高校生&大学生なので、今自分がどういう状態かは夫のみに伝え、うつ状態の時もどうにか最低限の家事をする。自分のうつはまあその程度、ということなのかな。

うつ状態は、朝が一番悪く、息子達が帰ってくる夕方あたりはまだましだし、また、元気な息子達と関わっていると、私も気がまぎれてしゃべったりできるので一見うつ状態に見えないと思う。(息子に聞いてみたけど、見えないといった)

やっぱ、専業主婦が長かったのでみんな世話されることに慣れきっている。でも、もちろん私が本当にひどいうつ状態になったら、みんなそれなりに自分のことをするんだろうけど。

また、性格上(双極II型の人に多いらしい)、家事をしないことに罪悪感を感じるし、やった方が精神衛生上いいような気がするのだ。何もしないで寝ていると「自分ってダメだな。廃人だな。」って感じてしまったり。

でもほんとは、うつ状態の時は、そういうふうに思わずに休息できることがいいんだろうな。落ちてる時も毎日家事をしてる自分は真面目すぎる!たまには弁当を買ってきてもらえー、自分。
[PR]
by hodohodoDA | 2007-06-08 08:33 | 対外関係

息子の彼女との関係

息子にめでたく彼女ができた。私は会ったことはないけれど、このまま順調に仲良くして、いつか結婚するとして...。その時、私の病気のことは言うべきか言わないべきか。

まあ、同居することはないから言わなくても言いかという気もする。

主治医は、遺伝があるから、息子達には時を選んでそのことを言っておいたほうがいいとちらっと言っていたが、そうなのだろうか。
[PR]
by hodohodoDA | 2007-03-30 08:39 | 対外関係

まわりの無理解

私がうつ状態の時、よく知人が電話をくれたのだが、その人はうつが脳の病気である、ということを理解していなかったようで、どうせ治らないなら薬を飲むな、医者に行くな、という感じだった。

私のうつ状態は大体1ヶ月から2ヶ月くらいで今までのとこは治るのだが、薬は飲んでも2週間後くらいから効くらしいし、飲まない状態と比べていないので薬が果たして効いているのかどうか比べる術はない。

でも、双曲性障害の場合リチウムなどの薬が有効なことは医学会で認められているのだから、私も信じて飲んでいる。今回重くなかったのも薬のお陰だと思っている。

その知人は、自分の職場でやはりうつ病の薬を飲んでいるやつがいるか、飲むのをやめさせたいとか、薬を飲んでいるやつに仕事を任せたくない、とまで当時は言っていた。

しかし、私が双極性障害ということがはっきりして、薬が有効らしいということもわかったので、私は知人に改めて説明しました。知人も、会社で教育を受けたのか、何かの機会で知ったのか、認識を改めていた。よかった。
[PR]
by hodohodoDA | 2007-03-27 20:18 | 対外関係

告白すると意外に...

前に、今は病気についてわかってくれそうな人にしか言わない、と書いたが、そう転した時多くの人に言ってしまったわけである。

しかし、言ったら言ったで、意外なことがわかることもある。Kさんのお母さんはうつ経験者、Dくんのお母さんもうつ、Sさんのお姉さんもうつ、本人も一時精神安定剤服用経験あり、Oさんのまわりにもうつの人が多い、ONさんのお母さんも精神錯乱経験者、Tさんもご飯が作れなくなり私と同じセリフを夫に言ったとか、などなど...。

脳の病気になる人は、たくさんいるんだなーとビックリした。私から言わなければむこうからも言わないまま終わって知らないままだったでしょう。

でも、やっぱりリスクがあります。
[PR]
by hodohodoDA | 2007-03-22 18:44 | 対外関係
うつの後にそう転してしまったため、私はありとあらゆる人に手紙やメールで自分の病気の話をしてしまった。だから、友人はほぼ知っている(少なくとも、うつ病だった事は知っている)。そのあと、実は躁鬱病だった、ということは、言ってある人と言ってない人がいる。

その時の友人達の対応はとっても温かくやさしいもので感動したものだが、自分もそうだったからかもしれない。

しかし、今はあまりみだりに人に病気のことを話そうと思わなくなった。わかってもらえそうな人にだけ話せばいいと思う。心の病(...私は脳の病だと思うのだが)の人は案外多いし、話すと実は私もとか、私の周りでも、とかいうことは多いけれど。

職場ではもちろん秘密だ。私は1年の契約社員なので毎年面接があるけれど今年はその説明会の頃軽いうつで眠くて眠くて寝てしまったし、面接もうつだったけれど「健康は?」と聞かれて「良好です!」と大嘘をついた。

夫に聞くと、やっぱりうつになる人もいて、正社員の場合いろいろ保証されているから上司にも相談できるけれど、私のような身分では絶対解雇されてしまうだろう。
[PR]
by hodohodoDA | 2007-03-16 08:46 | 対外関係

両親への対応

これも、悩んだ。高齢の両親に心配をかけたくないので、秘密にしておくつもりだったのだが、やっぱり尋ねてこられたりして結局わかってしまった。

両親は、本などで家事をする事も悪化の原因になる、と考え、私をしばらく引き取る、というアイディアを考え、夫に申し出たそうだ(私は知らなかった)が、夫は断ったそうだ

私としては、入院したいくらい辛い気持だったのだが(夕飯の買い物、メニューを決める事などが、いいがたいほどつらい事なので)確かに実家に行くこともそれはそれなりにストレスがあるきもした、どっちが良かったのかは今でもわからない。

両親は、特に母は頻繁に見舞いにきてくれた。と言っても、昼前頃着て一緒に昼ごはんを作って食べ、雑談をするのだけど、私の場合うつのときはなぜか昼ごはんというもの一人ではどうしても作れなかったので健康の面では助かった。しかし、何しろ高齢なので来てもらうのが申し訳なかった。

姑にも知れてしまい、結構食材を持ってきてくれたが、これについては、感謝の気持もあるが、料理をすることが辛いので正直に言えばオカズをくれる方がありがたいのです。うつ病の人を見舞う時はおかずをあげましょう。舅はこの病気について私に対し今まで何も言ったことがない。賢明な方です。
[PR]
by hodohodoDA | 2007-03-04 19:36 | 対外関係